MacTheRipperの代わりになるものが登場!MacWindowsでも使える!

http://ur0.work/CJ9h

Mac環境でDVDをリッピングした経験があるなら、DVDから映像や音声データを取り出すリッピングソフトウェアとしてよく知られる MacTheRipperを聞いたことがあると思う。MacTheRipperは独自の魅力と使い勝手の良さで愛用者がたくさん!だが、MacTheRipperの愛用者としても、MacTheRipperへの文句がよくネットから見られる。例えば、MacTheRipper無料版(v2.6.6)が事実に開発停止して、古いインターフェースと弱いコピーガード解除能力でめっちゃ使いづらい。そして、有料版MacTheRipper4.0や3.0へアップデートしたいが、公式ページが英語だらけで読めない。更に、MacTheRipperのセットアップファイルを入手するには、まず料金を払わなければならない。つまり、MacTheRipper有料版を無料で体験したいなら諦めるしかない。さて、今回の記事では、MacTheRipperの代わりになって、無料でありながら、WindowsMacいずれの環境で使えるソフトをおすすめ。

 

MacTheRipperの代わりになるもの:Macユーザー向け

今、Mac環境で使えるDVDリッピングソフトの中で、Handbrake、MacX系が一番強くをおすすめ。だが、Handbrakeは何のコピーガードがかかっていないDVDしか対応できないので、Amazon楽天の市販DVD、TSUTAYAぽすれん・DMM・ゲオ等のレンタルDVDをコピーする場合、やはりMacX系の無料版ソフトMacX DVD Ripper Mac Free Editionが最高!

MacX DVD Ripper Mac Free EditionDigiartyソフト社によって開発された有料DVDリッピングソフトMacX DVD Ripper Proの永久無料版として提供されている。MacX DVD Ripper Mac Free Editionに内蔵している機能がすべて、制限なく生涯まで使い放題である!Mac OS X v10.6 /10.7 /10.8 /10.9 /10.10 /10.11 /macOS Sierraにも対応可能。

●DVD CSS、リージョンコード、RCE、ソニーArccOS、UOPs、容量偽装、ディズニーX-projectong DRMなど、主流になったDVDコピーガードを簡単に解除することができる。つまり、商業用DVDの読み込みとリッピングが簡単にできる。
●十分な出力プロファイル(MP4、MOV、M4V、iTunesApple TV)を搭載して、DVDをiPhoneiPodiPadiTunesApple TV、Andriod及び人気メディアプレーヤーに取り込んで再生することができる
リッピング速度といえば、Handbrakeより40%動作高速化を実現する。
●日本語化されて分かりやすいインターフェースのおかげで、小学生でも楽しく簡単に使える。
●豊富な編集機能を搭載して、フレームレット、解像度、ビットレット、オーディオ音声をカスタマイズ、トリミング、字幕を追加、音声抽出、スナップショットを撮ることが可能。

Mac
 
 

MacX DVD Ripper Mac Free EditionでDVDをリッピングする操作手順

まず、このMac DVDコピーフリーソフトMacコンピュータにダウンロードとインストールしてください。起動したら、右上にある「Help」をクリックして、言語が選択できる。ここでは、「日本語」を選択して、日本語版になってきた。

DVDをISOファイル化

Step1:リッピングしたい元のディスクをパソコンにセットする。認識されて自動的に再生するなら、再生画面を閉じる。そして、左上にある「ディスク」を押す。そして、ドライブの選択画面が出てくるので、そのままOKを押してください。

Step2:ディスクを読み込むだけで勝手にコピーガードを解除してくれる。大体数秒ほどでおわると思う。これが終わると出力プロファイルの窓口が出てくる。ご使用用途に合って、最適したいものを選んでください。例えば、DVDをMP4へリッピングしたい場合、「Macの通常映像」―「MP4動画へ」―「完了」の順でクリックしてください。

Step3:出力映像の保存先フォルダを選んでください。空き容量不足が原因のエラーを避けしようと、できるだけCドライブ以外空き容量の多いドライブへ保存したほうがおすすめ。

Step4:「RUN」ボタンをクリックして、無料にMacでDVDをリッピング開始。リッピングの進捗状況は画面の中央に現れるプログレスバーで表示される。プログレスバーが100%になれば自動で消える。完了したら、DVDのリッピング作業は終了。MacX DVD Ripper Mac Free Editionを閉じてください。

 

MacTheRipperの代わりになるもの:Windowsユーザー向け

MacTheRipperだって従来はMac環境で実行するソフトウェアである。MacからWindowsへ乗り換えて、WindowsでもMacTheRipperを使いたがる人もいるらしい。MacTheRipper Windows版の探しに苦戦しているより、MacTheRipperの代わりにWindowsで動作するDVDリッピングソフトウェアを利用したほうが賢明。例えば、有名なDVD Shrink、BDlot DVD ISO Master、DVD43、DVD Decrypter等様々なソフトがネットからダウンロードとインストールできる。コピーガード解除能力と使いやすさといえば、DVD Shrinkが強い味方。

DVD Shrinkのメリット嬉しい完全日本語対応のリッピングソフト。通常のDVDのリッピングバックアップコピーももちろん、2層DVDの圧縮リッピングなどが可能な便利なフリー(無料)のリッピングソフトである。2層DVDを片面1層のDVD-Rなどのメディアに収まるサイズへ圧縮リッピング、簡単に1層DVDサイズのISOイメージなどが作れる。

 

このMacTheRipper Windows版ソフトを利用してDVDをリッピングする操作手順

DVDコピー

Step1:DVD Shrink3.2を起動後、「ディスクを開く」から「ドライブの選択」にてバックアップ元DVDの入っているドライブ選び選択後、「OK」ボタンをクリックする;

Step2:DVD Shrinkの基本設定をする。左上にある「編集」から「各種設定」をクリックし、DVD Shrinkの各種設定パネルを出す。ここで、フルディスクでコピー、あるいは圧縮でコピーという保存容量、圧縮率を決める;

Step3:次に「バックアップ」をクリックする。すると「出力デバイスの選択」になる。ISOイメージファイルにコピーしたいなら、ISOイメージファイルを選んでください;

Step4:出力プロファイルが決まったら、出力映像の保存先を指定ください。「参照」を押して、ご要望に合って、保存先を指定可能;

Step5:OKをクリックする!これでエンコードが開始されDVDのバックアップは終わる!あとは待つだけ。 

 

合わせて読む>>