サルにもわかる動画サイズを縮小方法まとめ~誰にも気軽く動画サイズを小さくする!

参照リンク:http://ur2.link/DcSY

動画ファイルを圧縮

約10年前、市場で販売されているコンピュータが最大20GBのHDD容量を備えるそうである。今、数TBの容量のデータが保存できるハードディスク搭載のコンピュータがたくさんある。それにより、データ保存で容量がなくなって困っていることがないはずである。ところが、近頃、高画質を求めるため、高解像度(フルHD))で保存する映画がますます多くなりつつある。 非常に高画質だがその分データ容量も非常に大きいのである。なので、お使いのPCやMacにそれらの動画を保存してマイコレクションに作成したい場合、動画サイズを縮小することが必要。そして、お好きな映画をiPhone iPad Androidといったポータブルデバイスに取り込んで再生したい場合、動画サイズを縮小ことがより重要になる。

一般的に言えば、動画のファイルサイズは、圧縮形式、パラメータと再生時間によって決まるのである。それにより、動画サイズを縮小するには、大抵3つの方法が利用できる。以下のように:
●動画ファイルを圧縮率が高い動画形式に変換して、データ容量を小さくする;
●動画ファイルのパラメータをカスタマイズして、動画容量を圧縮;
●動画ファイルをトリミング/カットすることにより、再生時間を短くして、動画サイズを変更する。

 

ところで、以上言った3つの方法を実際に用いるには、専用な動画サイズ縮小ソフトを利用しなければならない。動画形式変換、パラメータカスタマイズ、動画トリミング/ カットなどの作業が、MacX Video Converter Pro一本で完璧に、集中しながら行うことができる。それに、MacX Video Converter Proはすごくわかりやすいインターフェースを備えて、機械ん音痴や、初心者でもストレスなく気軽く操作することが可能。では、↓の内容が、動画サイズを縮小する具体的なやり方を教えて~

Mac
 

方法1:動画ファイルを圧縮率が高い動画形式に変換して、データ容量を小さくする~

豆知識:最も動画容量を小さく圧縮することが出来るファイル形式
MPEG-4 - 高圧縮率を実現し、そこそこの画質を保ちながら、より小さいファイルサイズで、より低いデータレートで動画ファイルを圧縮する。
●WMV - 最初はインターネットのストリーミング ・ アプリケーションのために設計されて、ファイルサイズを抑えながら、高画質を保つのはその特徴である。
●FLV - 動画をインターネット上で Adobe Flash Playerに配信する際に使用されるファイルコンテナ形式。ファイルサイズは小さくなるものの画質が劣化することになる。

動画サイズを縮小して、Macやあるいはモバイルに保存したい方にとって、MPEG-4はベストな選択肢である。一方、Windowsユーザーなら、WMVをオススメ。FLVは最も小さい動画サイズを誇って、オンライン動画の投稿に最適したが、ただ、MP4とWMVと比べると、画質が少し劣化している。(画質、音質、容量、ファイルサイズなど各方面からMP4 FLV違いを見てみよう

MacX Video Converter Proは、ほとんどの動画ファイル(VOB、M2TS、AVI、MKV、MTS、AVCHD、H.265/HEVCなど)をMP4、WMV、FLVに変換する上、鮮やかな映像と無損失な音質を提供する。また、世界初のハードウェア・アクセラレーションを搭載するMac用動画変換ソフトとして、変換速度はライバルより5倍ぐらい早い!

※注目されている各種フォーマットの動画サイズを縮小方法特集:

MacX Video Converter Proをコンピュータにダウンロードとインストールしてください。インストール中に使用する言語が個人によって日本語を選択することができる。

動画サイズを縮小

ステップ1:元動画ファイルを追加
MacX Video Converter Proを起動した後、インターフェースの上左側にある「動画追加」アイコンをクリックして、動画サイズを縮小したいファイルを選んで、本ソフトに読み込む;

ステップ2:出力プロファイルを選択
動画ファイルが読み込まれたら、出力プロファイルの窓口が出てきた。そして、自分のご使用用途に合って、最適したものを選択してください。例えば、MP4に変換する時、Macの通常映像->MP4動画(MPEG4)->「完了」ボタンをクリックしてください。(MP4動画サイズ縮小ソフトでMP4動画をリサイズする方法

ステップ3:保存先を選ぶ
「ブラウザ」をクリックして、出力動画ファイルを保存するフォルダと保存先を選んでください。

ステップ4:動画を変換開始
「RUN」ボタンを押して、動画変換の作業が開始される。変換する際、任意の時点で一時停止或いは変換プロセスを停止できる。

 

方法2:動画ファイルのパラメータをカスタマイズして、動画容量を圧縮~

解像度、フレームレート及びビットレートが動画サイズに対して、重要なポイントである。サイズの大きいAVIやH.264ファイルだったら、それらの動画パラメータをカスタマイズしただけで、ある程度で動画容量を圧縮することができる。

動画サイズを縮小

1.圧縮したい動画ファイルを本ソフトに読み込んだ後、出力プロファイルを選択する。入力動画ファイルなら、H.264/AVIで、出力プロファイルならMPEG-4/WMV/FLV形式で良いと思う。

2.「編集」ボタンをタップして、パラメータカスタマイズのサブウィンドウが出てきた。解像度とフレームレートの値を下げてください。例えば、23.97 fps、640x480に変更する。ビットレートの場合、CBRを選択して、値を下げる。また、サンプルレートとビットレート(オーディオ)を値がより低く設定して、動画容量を圧縮してもいい。

3.「RUN」ボタンをクリックして、動画サイズを縮小しよう。

 

方法3:動画ファイルをトリミング/ カットすることにより、再生時間を短くして、動画サイズを変更する~

動画内のすべてのフレームを保存すべきわけではない。オープニングやエンディングなどで、タイトルの題字やスタッフクレジットが入っている部分を除去することが除去しても構わない。この動画サイズ縮小ソフト?MacX Video Converter Proを使って、動画のトリミングの開始時間と終了時間を設定して、動画の不要な部分をカットして、動画サイズを小さくすることができる。

動画サイズを縮小

1.サイズを小さくしたい動画ファイルを本ソフトに追加されたら、出力プロファイルを選ぶ。

2.「編集」アイコンをタップして、編集のサブウィンドウが出てきた。そして、「トリミング」項目を選んでください。次は、手動的に「開始時間」と「終了時間」を設定する。数値を直接入力する、またはプログレスバーを使うと両方も可能。

3.「Run」ボタンをクリックして、トリミングされて、サイズが小さくなる出力ファイルが取得できる。

MacX Video Converter Pro(Mac版)使い方

MacX Video Converter Pro(Windows版)使い方へ