iTunesiPhoneを接続するとiTunesがフリーズしてしまう! 超簡単な対策へ!

参照リンク:http://bit.ly/2pWpcsR

iPhone iTunes フリーズという不具合が最近頻出しているみたいで、iPhone バックアップ進まないとかデータがすべて失ってしまうとか悲鳴をあげる。iPhoneをパソコンにつないで、急にiTunes 固まる状態になったりして、場合によってiTunes応答なしということになってしまう。iPhoneまでもフリーズしてしまい、リカバリーしても直さなくて、初期化することに至った。これでデータはすべてなくなり、真っ白のiPhoneになった。itunes iphoneつなぐとフリーズしてしまうと、iPhoneデータをバックアップしたいのにこれだけはイヤ、とすれば、どうすればいいか?
 
iPhone バックアップ進まない最高な解決法~初心者向けのiPhoneバックアップ方法
 

かなり優秀な評価の高いiOSデータ管理ソフト。他のソフトと比べて、バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。音楽、動画、プレイリスト、写真などのデータを iPhoneiPodiPadとPC間、iOSバイス間に楽に転送! プレイリストの編集・削除、動画変換、DRM解除、着信音作成などの管理も手軽に完成!MacX MediaTransで、毎日をもっと楽しく、もっと自由に。

 
iPhone iTunes フリーズになった可能の原因:
 
パソコンのスペック
iPhoneiTunesを連携する時に、iTunesiPhoneを認識して、その中に保存されるデータを検出する。かなりのCPU消費がしてしまい、CPU計算に時間がかかる。パソコンのスペックで耐えない場合に、特に古い機種のMac PC、RAMが4GB及びそれ以下のWindows PCにこの問題が起こりがちである。

自動同期
iTunesに自動同期機能がある。itunes iphoneつなぐとフリーズしたら、自動的にバックアップする時になにかあったおそれがある。iTunes 固まることになったらiTunesの自動同期にチェックを消してみると、アップル公式サイトにこう書いている。公開されていないがここに確かに何かのバッグがあると思われている。

iTunesバージョン
iTunesiPhoneiOSバージョンは対応できないと、iTunesiPhoneを認識することは難しくなり、ファイルの検出もできないので、iPhone バックアップ進まないことになった。これによって、特に自動バックアップを設定する場合にすぐiTunes応答なし状態になってしまう。

操作手順が違う
iPhoneをパソコンに連携したらiTunesが自動的に開くと、既定の設定がある。が、iPhoneをパソコンに連携する前にiTunesを開けると、iPhoneを連携したとたんにiTunesが混乱してしまい、結局iPhone iTunes フリーズしたことになる。

バックアップ途中で連続切れ
iPhoneiTunesでバックアップする時に何もしないで待つこと。この時にパソコンの電源が切ったりケーブルになにかあったりして連続が切れると、これからitunes iphoneつなぐとフリーズする。
まずitunes iphoneつなぐとフリーズとなったか確認すること。
 
実はiTunes 固まると、時にはCPU消費が高すぎなので忙しい状態になるだけで、しばらく経つと反応が戻る。特にパソコンのスペックがよくない、または自動同期する時に、何もせずにiPhone iTunes フリーズ状態から脱出してくれる。この時にiTunes応答なしといわれるかも知れない。
 
反応が戻るか戻らないか、CPU消費を確認すればいい。一時にitunes iphoneつなぐとフリーズするとしても、CPU消費がだんだん下がる限りにiTunesiPhoneも反応が戻れる。この時にほかのソフトをすべて閉めると戻るまで時間が少し短縮するかと思われている。
 
iPhone バックアップ進まないとどうする?iTunes 固まる解決法
 
ステップ1:iTunesiOSバージョンを確認する。
最新バージョンのiOSにアップできるデバイスはアップデートすることを強くすすめる。そして最新バージョンのiOSに対応するiTunesも最新バージョンである。が、最新版iOSに対応できないiPhoneの場合にそのままで、iOSバージョンが公開された時に更新されたiTunesバージョンを利用してください。そして、もう一度連携してください。直さない場合に、ステップ2に。
 
https://www.macxdvd.com/apple-iphone-transfer/images/seomodel/mmt-zld-0220-01.jpg
 
ステップ2:自動同期を無効にする。

iTunesに自動同期を設定すると、「同期中の特定のコンテンツが原因でiTunes が反応しなくなっていると考えられます」と、アップル公式サイトで書いている。iTunesに自動同期を無効にすれば解決できる。

Mac環境の場合に、iTunesを開けて、上にメニューバーにある「iTunes」をクリップして、「環境設定」を選択する。Windows環境の場合に、iTunesウィンドウの上にあるメニューバーにある「編集」をクリップして、「設定」を選択する。そうしたら新しいウィンドウが出てくれて、「デバイス」にクリップする。そして、「iPodiPhone、及びiPadを自動的に同期しない。」に チェックを入れて、「OK」と書かれるボタンにクリップする。完成したらもう一度連携してください。直さない場合に、ステップ3に。

ステップ3:ウイルス対策ソフトを一時停止する。
 
iPhone iTunes フリーズだけではなく、ウイルス対策ソフトによってiTunesが様々な不具合が起こるという報告がある。詳しい原因がわからないが、確かにウイルス対策ソフトを停止したからiTunesを開けるとうまく動作でき、iTunes応答なしなど問題がなくなる。ウイルスのリスクに心配すれば、ネット連続も停止すればいい。iPhoneバックアップはネット連続がいらないのでうまくできる。ウイルス対策ソフトを停止して、もう一度連携してください。直さない場合に、ステップ4に。

ステップ4:新規ユーザアカウントでログインする。
 
iPhoneに今使っているユーザーアカウントをログアウトして、新規ユーザーアカウントでログインする。
itunes iphoneつなぐとフリーズしない場合に:iPhoneに元のユーザーアカウントでログインして、新しいiTunesライブラリを作成する。両方も完成してからiPhoneiTunesに連携して、この前にバックアップしたiTunesライブラリから復元する。
 
iPhoneiTunesに連携して依然としてiTunes 固まることになったら、iTunesプラグインを消除する。
そうしたら、もう一度連携してください。直さない場合に、Appleサポートにお問い合わせください。またはApple Store直営店あるいはApple正規サービスプロバイダにご相談してください。
 
iTunesよりのiPhoneバックアップツール:MacX MediaTrans
 
https://www.macxdvd.com/apple-iphone-transfer/images/seomodel/mediatrans-interface.png
 
iPhoneデータをバックアップしたい時に、iTunesが不具合で使えなくなると、ほかのiPhoneバックアップソフトを利用するほうが、iTunes不具合を解決するよりずっと簡単である。ここでMacX MediaTransというソフトをオススメする。

このソフトは最新のiOS管理ソフトであり、iPhoneに保存された写真、動画、音楽といった様々なデータをバックアップして、高速に完成できる。iTunesより何倍何十倍のスピードで転送できる上、iOS最新バージョンも歴史バージョンも対応でき、iPhone iTunes フリーズのような不具合がない。操作もずっと簡単で、初心者にとって一番の選択である。