DVDに焼くときは、音ズレが発生してしまう!補正・直す方法を解説する!

参照リンク:http://bit.ly/2usxhZi

スマホやカメラで撮った動画やダウンロードした動画をDVDに焼いて、家族や友たちと一緒に大画面のテレビやパソコンで視聴できればいいね。でも、動画をDVDにオーサリングしたが、焼いたDVDを再生すると、あれ、なんで動画と音声がずれてしまうか?

確かに、DVD焼く音ズレが発生すれば、視聴しても気楽に楽しめないだろう。ネットで「DVD flick 音ずれ」とか、「Windows DVD メーカー 音ズレ」とか、「ムービー メーカー DVD ずれる」などDVD書き込み音ズレに関する質問が多く見える。では、なぜかDVD書き込みと音ズレが発生?どうすれば音ズレを補正できるか?

 

され、これからはDVD 音ズレ 原因と補正方法を詳しく解説!

 

DVD焼く音ズレを直すには最高!- 100% 安全

MacX Video Converter Pro - 超カンタンの操作だけで動画ファイルをDVD焼く専用の動画ファイルに再エンコードできる。そうすれば、再エンコード後の動画ファイルをDVDに焼いて再生すれば、音ズレなどのエラーを回避できる。完璧なDVD 音ズレ対策と言える。ムービー メーカー DVD ずれるやDVD flick 音ずれに悩んでいる方はぜひどうぞ。また、他の機能も満載。例えば、動画ダウンロード機能、動画変換機能、動画録画機能、スライドショー作成機能など。
 
  
 

DVD 音ズレ 原因その1:
焼く前に、元の動画ファイルがもう音ズレしたか?まずは、元の動画ファイルが音ずれるかどうかを確認してください。

DVD 音ズレ 原因その2: 
DVD書き込みソフトの不具合でDVD焼く音ズレが発生する可能性がある。その場合、他の高機能なDVD作成ソフト(できれば市販)を使ってみてください。

ヒント:人気DVD作成ソフトオススメ>>

DVD 音ズレ 原因その3(よくある原因):

元の動画ファイル→音ズレなし、DVDに焼いたものを再生→音ズレ。或は、元の動画ファイル→音ズレなし、元の動画ファイルの再エンコード後のファイル→音ズレなし、DVDに焼いたものを再生→音ズレ。

実は、DVDに焼いたものだけ音ズレが発生することが多い。

DVDの焼くには、まずはやはり動画ファイルをDVDの映像形式MPEG-2に変換したほうがいい。でも、出来上がった動画の映像部分が「可変ビットレートVBR)」になっている場合、DVD焼く音ズレが発生する可能性が高い。また、動画の音声部分が「可変ビットレートVBR)や平均ビットレート(ABR)」になってる場合、DVD作成音ズレが発生する可能性もある。

そして、エンコード時に音声部分のサンプリングレートを変えていると、作成したDVD 音ズレ発生する可能性もある。音声部分のサンプリングレートが、例えば48000Hzだったら、再エンコードするときも48000Hzにした方が絶対良い。

 

●DVD焼く音ズレ対処法:


1.動画ファイルをDVD焼く用のMPEG-2に再エンコード
2.出来上がったMPEG-2動画が「可変フレームレート(VBR)」になる場合、「固定ビットレート(CBR)」に変換
3.音声部分のサンプリングレートを維持したほうがいい。

DVD 音ズレ 原因を究明!で、ここでは、便利で役に立つツールを紹介したい。MacX Video Converter Proは音ズレ無しに動画ファイルをMPEG-2エンコードしてくれる。そして、「可変フレームレート(VBR)」を「固定ビットレート(CBR)」への変換もできるし、音声部分のサンプリングレートも調整できるので、DVD焼く音ズレに悩んでいる方にはぴったりだ。

さて、これからはMacX Video Converter ProでDVD焼く音ズレを補正する方法を解説。操作方法がとても簡単なので、素人でも大丈夫。まずは、MacX Video Converter Proをダウンロードしてインストールしてください。

 
 

DVD焼く音ズレを直す方法

Step 1:「ビデオ追加」ボタンをクリックして、DVDに焼いたい動画を追加する。

Step 2:出力プロファイルが表示されたら、ドラッグして、「DVD動画」→「NTSC DVD 動画」→「完了」の順で操作してください。

ヒント:DVDを焼く時、日本ではNTSCを選択してください。

合わせて読みたい:
MacX Video Converter Proの詳しい使い方>>

 

Step 3:「歯車」アイコンボタンをクリックする。

「歯車」アイコンボタンをクリックすると、右のような画面が表示される。

ビットレートbpsで「可変ビットレートVBR)」と「固定ビットレート(CBR)」を設定できる。
ヒット:ここで、動画ファイルをNTSC DVD 動画(DVDの焼く用)への変換を指定するので、本ソフトはもう自動的に動画ファイルを「固定ビットレート(CBR)」に変換してくれたので、ここでは「可変ビットレートVBR)」に設定できない。DVD焼く音ズレを防止するために、動画ファイルのビットレートを「固定ビットレート(CBR)」に設定する必要があるから。ほかの動画形式にエンコードすれば、ご使用の目的に合わせて、「可変ビットレートVBR)」や「固定ビットレート(CBR)を自由に変換可能。

●サンプルレートでは音声部分のサンプリングレートを調整できる。ここで、DVDの焼く用のNTSC DVD 動画形式を選択するので、本ソフトはサンプリングレートの調整も自動的によくしてくれた。

Step 4:保存先を選択してください。

Step 5:右下の「RUN」ボタンをクリックすると、変換がスタート。DVD書き込みソフトで変換した動画ファイルをDVDに焼いてください。DVDプレーヤー 音ズレを直せる。

合わせて読みたい:
●DVD書き込みソフトオススメ・詳細なやり方もある!(Win&Mac)>>
●MacX Video Converter Proの詳しい使い方>>

 

これで、DVD 音ズレ 原因と対処法が終わる。とにかく、MacX Video Converter Proを利用すれば、DVDの焼くには、ただ「NTSC DVD 動画」を選択するだけでいい。ほかの「固定ビットレート(CBR)」や音声部分のサンプリングレートなどの調整が自動的によくできる!DVD焼く音ズレに対して完璧な対処法といえる。

実は、MacX Video Converter Proが想像以上に使える!動画ダウンロード機能を利用すれば、YouTube, ニコニコ動画, FC2動画, ひまわり, Vemoなど動画共有サイトから動画をダウンロードできる。また、この先進的な変換機能を備え動画変換ソフトによって、SD, HDと4K解像度の動画ファイルを思う存分に楽しむことができる。ビデオを様々なビデオ・オーディオ形式(例えば、MP4, MOV, MKV, AVI, WMV, FLV, MTS, TS, M2TS, MKV, MP3, AC3, WAVなど)に変換できる。プリセットプロファイルを内蔵し、 動画をiPhone (iPhone 7/7 Plus/SE/6s/6s Plus/6/6 Plus), iPad (iPad mini 4/iPad Pro/Air 2), iPod及びその他のデジタルデバイスに変換して、素敵なビデオを楽しむこともできる。